注意しておこう!心療内科のデメリット

ドクターとの相性に要注意

厳密には心療内科自体のデメリットではありませんが、メンタルクリニックのドクターとユーザーの間には相性が存在しています。ユーザーの抱える悩みとドクターの指導方法や性格などが合わなければ、足繁く心療内科に通院しても悩みや気になる症状が改善しません。最悪の場合、合わないドクターのカウンセリングを受け続けた事が引き金となり、更に心身のトラブルが酷くなるパターンがあります。ごく一部ではありますが、ユーザーの性格や暮らしを細かく確認せず、悪い意味で教科書的なコーチングに終始し機械的なカウンセリングや投薬治療ばかりを続ける、心療内科のドクターがいるのも事実です。そういった心療内科に通うと返って心の傷を深くしたり、悩み事が複雑化しやすいので、最初によくドクターの事やクリニック自体の評判や評価を確認する事が重要です。

優しすぎる専門医の問題点

メンタルクリニックで働くスタッフの方々は皆、基本的に優しい方ばかりです。特にカウンセリングを担当する主治医の方は博愛主義者であり、弱ったユーザーの声をすべて受け入れてくれます。的確なアドバイスを専門医の立場から提案し、常に最適な答えを教えてくれます。ただ、皮肉な事に優しい過ぎる専門医の指導を受け続けていると、ユーザー側の依存度が無意識的に上がります。理想的なドクターのカウンセリングとコーチングがユーザー自身の自立心や心の自然治癒力を弱めてしまい、常に専門医のアドバイスや指導がなければ、安心して仕事や生活に集中出来ない、そんな状態に陥るデメリットがあるのです。優しすぎるドクターのもとに通い詰めると、心の傷がどんどん癒させる反面、自分一人ではどのように仕事や学校に再復帰すべきか、具体的な技術や考え方のフレームが構築し難い、というのが難点となります。