それぞれの症状に合わせた認知行動療法

心療内科の治療方法とは?

心療内科では、うつ病や不安障害からパニック障害やてんかんに至るまで様々な疾病を抱えた患者の治療に当たっています。てんかんを始めとして、薬物療法に頼る面も強く、多くのクリニックでは抗うつ剤や抗不安薬から導眠剤まで薬物を使う療法は欠かせません。薬物療法は、患者の脳内物質の分泌量をコントロールすることにより、患者の精神を安定させたり、不安を取り除いたりすることができます。ただし、直接的な治療効果が期待できる分、副作用が強い薬剤もあるため、投与については慎重な検討が必要です。一方、薬物療法だけてなく、認知行動療法を採用している医療機関も少なくありません。薬物療法と認知行動療法を併用しているクリニックもあります。

認知行動療法とはどんなものか?

心療内科で採用されている認知行動療法は、うつ病や不安障害の原因が、患者の拘りや固執にあると考えます。認知行動療法は、薬剤を使わずカウンセリングや日記の記録などにより、患者の自己分析を深め、うつ病等の原因を取り除いていく療法なのです。うつ病や不安障害の患者が囚われている要因を見い出すため、患者に毎日の活動記録を付けさせて、どんな経験をしてどんな心情を抱いたか克明に記録させます。患者は自分の経験や心理的反応を思い起こして記載する過程で、自己を客観化し固執の要因を除去するよう尽力します。心療内科医やカウンセラーは、問診やカウンセリングを通じて患者の拘りを見抜き、患者の思い込みや不安を解消するよう思考法の改善を求めていくのです。