安心のカウンセリング

薬に頼らない治療があります

心療内科の治療法としてカウンセリングがあります。精神的なトラブルを治療する手法としては薬物療法が有名です。ただ薬物療法に対して強い抵抗感を抱く方々もいます。またうつ症状が比較的軽い場合は抗うつ薬を利用するメリットがむしろ低いです。カウンセリングを重視する心療内科は世間に少なくありません。カウンセリングによる治療内容は、主に専門医とコミュニケーションを交わす事になります。患者が抱えるトラウマを悩み相談によって探り当て、専門医のが個々に合ったコーチングを施します。人間の心が持つ自然治癒力を活かしたカウンセリング手法もあります。あえて専門医はサポート役に徹し、患者の話し相手になったり、相談役になる事で自発的にうつ症状の脱却を図るというアプローチがあります。

認知のゆがみを正す事がカウンセリングの要

うつ病の原因は人それぞれであり、そもそも原因を一つに絞り込めない事例も多いです。ただ基本的には人間関係の悩みが、精神的な不調の背景には存在しています。なぜ人が人間関係で悩むのか、そこには認知のゆがみという現象が関連しています。現実的に起きた事実を、過大評価したり、人の意見を曲解してしまう、こういった癖や習慣を持つ方々はどうしても精神的なトラブルを抱えやすいです。心療内科のカウンセリングでは悩み相談やトラウマの発見などに加えて、認知のゆがみを正すコーチングが行われる事が多いです。うつの原因が特定出来ても、その対策が学べなければ再発しかねません。心療内科の専門医は患者の方々がどのようにして物事を曲解してしまっているのか、なぜ執拗に不安感を抱きやすい暮らしになっているかなど、的確に問題点を見抜き、バイアスを正す訓練やアドバイスを施してくれます。

精神科を梅田近辺の診療所で診てもらうことができます。患者の状況や都合に配慮した時間帯に予約可能となっています。